オットマニアな主婦のブログ

オスマン帝国外伝にどハマリしたオットマニアな主婦の独り言です。(注意:ネタバレありですので、本編を観てから読んでください)

オスマン帝国外伝で気になった人物 アルミン Müjde Uzman

マルコチョールは街で見かけたアルミンに一目ぼれし、追いかけまわした末にとうとうアルミンを振り向かせることに成功しましたが、アルミンの父に反対され引き裂かれてしまいました。そのせいでアルミンは悲しい最期を迎えてしまいます。

f:id:Tomotomo3:20200629152819p:plain



イスラム教徒とユダヤ教徒

ユダヤ教徒キリスト教徒はイスラム教徒にとって、同じ「アブラハムの宗教」を信じるいわば兄弟とみなされていました。しかし、ユダヤ教では「神への信仰」よりも、ユダヤ教の教義にある「行動」重要視していて、「行動」を行わない者はユダヤ人とは言えないという考え方があるのです。

ですからマルコチョールの方はアルミンを妻に迎えることに支障はなかったのですが、アルミンの方は結婚を受け入れることは宗教を捨てることになるため、父親から反対を受けました。

もちろんアルミンが改宗することは可能ですが、現代とは違って昔は宗教に重大な意味があったので二人は苦しむことになってしまったのです。

 

アルミン役はミジュデ・ウズマン(Müjde Uzman)

www.instagram.com

 

ミジュデ・ウズマンは1984年9月26日イスタンブール生まれ。モデルとして活躍後、トルコの音楽チャンネルで司会を務めました。

2008年からは女優に転身し、映画などにも出演しています。

 

ミジュデ・ウズマン出演の映画「hadi inşallah」は、netflixで観ることができます。

 

www.youtube.com

 

↑ミジュデ・ウズマンは主人公のライバル「ミス・ビッチ」(すごい名前)を演じています。(確かに「ビッチ」って感じの嫌な女の役でした)

 

最新作は「Savaşçı 」で、女性初の空軍中尉を演じています。こちらもアルミンとは全く違うイメージの役ですね。

www.instagram.com

 

ミジュデ・ウズマンは先日コメディアンで司会者のセイフン・イルマズとの訴訟で勝訴し、イルマズは禁固刑を言い渡されるという事態になっています。どうやら公然で侮辱されたことによる名誉棄損の罪だというのですが、禁固刑を言い渡されるってどんな暴言だったんでしょうかね?

その暴言がテレビ番組中で、しかもマイクで拾われてしまったために罪が重くなったとかいう話もあるので、放送禁止用語だったのでしょうね。

 

 

アルミンは悲しい最期を迎え、マルコチョールは心に傷を負ってしまいました。

もしも二人がもっと早くに結婚出来ていたら、アルミンが死ぬこともなかったかもしれませんし、その後のアイビケとのことも、ミフリマーフとのこともなかったでしょう。ですからオスマン帝国外伝というドラマにとっては「アルミンの死」が意味のあるものだったのは間違いありません。