オットマニアな主婦のブログ

オスマン帝国外伝にどハマリしたオットマニアな主婦の独り言です。(注意:ネタバレありですので、本編を観てから読んでください)

朗報!「新・オスマン帝国外伝 影の女帝キョセム」 チャンネル銀河で8月放送開始!

オスマンロスのオットマニアに久しぶりの朗報がもたらされました。

あのオスマン帝国外伝続編の「新・オスマン帝国外伝 影の女帝キョセム」がチャンネル銀河でいよいよ放送開始されることが発表されました。

 

 

 キョセムとは?

f:id:Tomotomo3:20210601150306p:plain


キョセム・スルタンは、第13代皇帝アフメト1世の妃で、第17代ムラト4世、第18代イブラヒムという、2人の皇帝の母后です。

キョセムは5人の皇子を産みますが、アフメト1世は若くして亡くなってしまいます。アフメト1世は、「兄弟殺し」を廃止したため、次期皇帝には息子ではなく弟のムスタファ1世が擁立されます。

しかし、ムスタファ1世は精神を病んでいたためすぐに廃位され、キョセム以外の妃が産んだオスマン2世が即位。しかしオスマン2世はイニチェリの不興を買い、殺害されてしまいます。その後、またもムスタファ1世が復位しますが、やはりすぐに廃位され、ついにキョセムの息子ムラト4世が即位して母后となります。

権勢をふるうキョセムでしたが、ムラト4世は若くして亡くなり、次にキョセムはムラト4世の弟イブラヒムを帝位につけます。しかしイブラヒムは「狂人」とあだ名される人物で、その奇行が目に余るようになり、キョセムはイブラヒムを廃位し、その息子である幼いメフメト4世を擁立します。

しかし、イブラヒムの妃でメフメト4世の母后であったトゥルハン・スルタンと対立、自分の権力を維持するためひそかにメフメト4世の義弟スレイマン皇子を擁立しようとしたことが発覚し、トゥルハンが送った刺客に殺害されてしまいます。

 

後宮のドロドロ劇再び

前作オスマン帝国外伝では後宮でのドロドロ愛憎劇が展開されましたが、今作ではどちらかというと大奥的な跡目争いのドロドロが展開されます。

セリム2世とヌル・バーヌの息子ムラト3世の妃でアフメト1世の祖母、サフィエ・スルタンが君臨する後宮に入ったキョセムが、サフィエと対決し、権力を勝ち取っていくのです。

サフィエ・スルタンは自分の母国にオスマン帝国の情報を流していたと言われていますので、トルコでは悪女として知られています。そのサフィエを追い込んでいくキョセムにトルコの視聴者は共感したでしょうね。

 

またも主人公が・・・

実は「キョセム」では3回主役の役者が変わっています。

登場時はギリシャの少女「アナスタシア」この時15歳くらいなんですが、演じているAnastasia Tsilimpiouはギリシャ人で、トルコ語が拙い感じだったようですね。連れてこられたばかりの子がトルコ語ぺらぺらだとリアリティがないからなあ。

次がトルコの国民的女優ベレン・サート。まあ、彼女はNetflixなんかでも活躍しているので、トルコドラマ好きにはおなじみの女優さんです。しかし彼女、一人目のAnastasia Tsilimpiouと全然似ていないんですよね・・・。だから最初「誰?」って思いました。

で、3人目はNurgül Yesilçay・・・こちらもなかなか大女優さんです。まあ、ベレン・サートと似てなくもない・・・かな?

そもそもこのキョセムって役、ベレンがやっている時期は「基本いい人」なんですよね~。で、Nurgül Yesilçayがやる頃にはかなり陰謀まみれな人物になってしまうんです。なんかちょっとかわいそうな気もする。そんなに歳変わらないのに。(いや、そんなことはないけど・・・)

 

キョセム放送開始は8月 huluは配信されるのか?

私としてはなんとしてもhuluで配信してもらいたいんですけど、今のところ配信は未定です。ただ、前作の時はS1は1か月遅れで、それ以降はほぼ同時に配信されていますので、期待したいところです。

ただ、いつも発表が直前なんだよなぁ・・・。

 

とうとう「新・オスマン帝国外伝 陰の女帝キョセム」が本邦初放送が発表されました。オットマニアの悲願が通じた形ですが、是非ともhuluでも配信してもらって、本願成就と行きたいところです。

 

 

 

 

f:id:Tomotomo3:20210601150351p:plain